静岡トヨペット社長 平光敬和のブログ【夢の途中】

ブログトップへ

2019.07.12

平光さんの想い

揺るぎない信念

皆様こんにちは、静岡トヨペット沼津平町店サービスエンジニアの西山和冶と申します。

 

この度光栄なことに社長より出番を頂きましたので、拙い文章ではありますが、思い切ってのびのびと書きたいと思います。

 

まず簡単に自己紹介をさせていただきます

 

静岡県裾野市出身の24歳、岐阜の高山自動車短期大学卒、入社5年目のサービスエンジニアです。

短大時代は趣き溢れる飛騨高山の地で男に囲まれて寮生活を過ごし、静岡トヨペットに入社後も同期の男同士で遊んでばかり、全く女っ気の無い日々を過ごしていましたが、平成最後に結婚(御殿場店フロアコンシェルジュ新村奈々さんと)、仕事もプライベートも充実した日々を送っています。(自分の奥さんを、「奈々さん」と「公け」の?ブログでさん付けで呼んでいる和冶さんです・・・笑 社長)

 

写真①掲載決定.JPG

 

さて本題ですが、何を書いていいのやら悩みに悩み、半年近くこのブログを書くのに時間を費やしていまいましたが(平光社長申し訳ございません)、これに決めました。

 

“日本一の整備士になる”

 

社長のブログにも載せて頂いた静岡新聞様の企業広告に書いた私が静岡トヨペットを選ぶ理由ですが、この記事に込められた本当の思いを紹介したいと思います。

 

この目標は私が高山自動車短期大学に入学する時に掲げた目標です。その当時の意味合いは勉強を頑張り、車の構造や仕組みをマスターして、なんでも直せる整備士になるという技術的に秀でた人というものでした。しかし、静岡トヨペットに入社して2年目ぐらいの頃から、目標はそのままですが、目指す未来像が自分の中で変わってきている事に気づきました。

 

今私が日常業務の中で1番意識していることは、お客様との時間をより長く過ごし、絆を作ることです。

 

QA(クオリティーアドバイザー)やFC(フロアコンシェルジュ)と比べて私の職種SE(サービスエンジニア)は物理的にお客様と接する時間が短く、30分や1時間の点検の中で、1人のお客様の前に居る時間は長くても5分程度、同じお客様に会えるのは半年に1回です。

 

皆さんは半年に1回5分程度車の点検の説明をしてくれる人と絆と呼べる程の関係性を築くことができますか?

とはいえ、SEは確実な作業をしてお客様からお金を頂いているので、その時間を省くことはできません。そこで私が実践している事がこちらです!

 

・納車整備をきっちりやる

・必ず名刺を渡す

・お車の操作、気になる事を必ず自分で聞く

・イベントやキャンペーンの告知

 

どれも当たり前の事だ!と叱られてしまいそうですが、そんな当たり前のことだからこそ私は大事にしています。なぜこれを行うか、それは先程の半年に1回5分の時間を伸ばす為です。

 

綺麗になった車はお店を出た後もお客様の気分を良くする事ができ、確実に名刺を渡す事で何度でも自分の事を思い出して頂く。新しく知った機能や操作方法はドライブをより楽しいものにし、イベントやキャンペーンをお知らせする事でもっと静岡トヨペットに興味を持って頂くことができます!

 

どんなにいい腕を持って素晴らしい整備が出来ても、車は嬉しいかもしれませんが、それだけではお客様に感動や魅力的なサービスを提供できているとは言えません。

当たり前のように良い整備をして、それを基にどのようにお客様との関係を築いていくか、そんなことを考えながら仕事をすることが今の自分の楽しみでもあります。

 

お店でお客様と過ごす時間は少ないかもしれませんが、お店を出た後に何度でも何分でも自分のことや静岡トヨペットの事を思う時間が増えれば、お客様との絆を作る事が出来るんじゃないかと私は思います

 

次に私の1番の自慢を遠慮なく披露させて頂きます。

 

写真②.JPG

 

それは、同期入社の仲間達です!

 

実に個性が強く、持ち味が人それぞれ全く違う同期の仲間達ですが、私はそんな同期が大好きです!

 

入社してからの数ヶ月、一緒に研修を受けてきましたが、今ではみんな見違えるほど各店舗で輝きを放っていて、私のモチベーションも上がりっぱなしです。特に同い年の同期とはプライベートでも頻繁に遊んだり、悩みを相談し合ったり、この仲間がいなかったら今の私は確実にいません。

 

たったの5年で私の見ている世界は大きく変わりました。この先私たちが静岡トヨペットの主軸となって働き出した時、どんな未来が待っているのか、楽しみで仕方がありません!

 

 

拙い文章を長々と書いてしまいましたが、ここで社長に質問です。

 

・社長の1番の自慢はなんですか?

・社長が今1番欲しいものはなんですか?

 

話の内容とは全然関係無いですが社長クラスになるとどんな物が欲しいのか、はたまた時間や癒しなどの形の無いものなのか気になります!

 

 

 

西山和冶、2015年入社のサービスエンジニアです。

この男に、選んでもらった会社の社長は、本当に幸せ者です(誰のこと?)。

もうこのあとは、私のコメントなど何もいらない程に、素晴らしい「寄稿」をいただきました。女房も凄い(かつ美しい)が、亭主も凄い。

私が常日頃、「うだうだ」と社長としての仕事で、「悩み」、「迷い」、「苦しんで」いることが、恥ずかしくなるくらい「スッキリ」させてくれました。

いつも社員さん達に「よいしょ」を、している社長の私ですが、「今回は」(笑)「正真正銘」よいしょ無しです。

嗚呼、もう一度言わせて下さい。「この男に選んでもらった会社の社長は、本当に幸せ者だ」と。

 

そしていただいたご質問への回答です。

社長の一番の自慢は何ですか?

君だよ、君。

自分の会社の社員を自慢できる、そういう社長になりたいと願ってきました。

静岡トヨペットは、西山君に限らず、そう言える社員さん達が一杯になってきました。

「自走」を始めた社員たちに、心躍る思いを隠し切れない社長です(笑)。

「君とは別に自慢できるものは何か」って?

そりゃあ可愛い娘たちでしょうが。うん?そういう答えじゃなくて?

たぶん、君と同じことです。私の自慢は、「努力する自分が好き」という自分です。

一緒の答えだろ、西山和冶君。

 

二つ目のご質問。

社長が今1番欲しいものは何ですか?

さて、この質問への答えは難しい。

「癒し」、そして「時間」、自由になる時間。

「癒し」は、もらうより、差しあげたいし。自由になる時間がたくさんあると困るだろうなぁ・・・。

読書して疲れない眼鏡(笑)、それぐらい読書は大好きです。嗚呼、ディックフランシス。

笑い話でこのブログ、締めさせて下さい(締まらないか・・・汗)。

日本全国のJRAの競馬場めぐりがしたい!!

 

おあとがよろしいようで(2回目ですね)。