静岡トヨペット社長 平光敬和のブログ【夢の途中】

ブログトップへ

2019.02.08

平光さんの哲学

静岡トヨペットについて思うこと

パートナー会社様からのコラ(ボ)ブログ第一弾として、

トヨタ名古屋自動車大学校の松田さまから、すてきな(私ども静岡トヨペットにとって「過分の」)ブログを賜りました。

 

静岡トヨペットについて思うこと(というタイトルで始まります。)

 

 

お客様、社員に開かれた会社であります。
新聞広告やSNSからの発信内容、店舗の居心地の良さから会社内の雰囲気が伝わり親しみが持てる会社です。

 

一番わかりやすのは広告です。

お客様に喜んで頂く為のイベントが多いのに、車の写真が無い!(汗・・・静岡トヨペット社員一同)

新年の広告にはマスコットキャラクターのキラッキがメインであります。

1月3日広告.jpg

 

毎年実施されるキラキラ探検隊は地元の家族と楽しく遊ぶぞ!というように車を売ると言うより、静岡トヨペットで楽しんで欲しいという自動車販売店には無い発想が面白い企業だと思います。
 

次にSNSの発信内容が面白い。

営業ひとつくり部(採用・教育)というネーミングに惹かれついついSNSを読んでしまいます。

【新人FC、QAの1日】なんて普通には無い発信内容、

 

新人QA男性.jpg  新人QA女性.jpg

 

特に【内定者秋夢キャンペーン】これが面白い!自分で体験し、「クルマのある楽しい生活」を自分の言葉で語れるように、社員向けに好きな試乗車をなんとお小遣い付きで貸し出している!ちょっとした旅のブログで私も旅に出たくなる(笑)。

内定者秋夢車.jpg  内定者秋夢紅葉.jpg

   内定者秋夢女子.jpg

   内定者秋夢集合.jpg

 

会社内の柔らかで発想の豊かさがよくわかる一面です。


店舗の居心地が良い。

居心地の良さにこだわり、用事が無くても気軽に遊びに行きたくなる雰囲気作り!

特に掛川店のトイレの居心地の良さが最高です(笑)

掛川トイレ入口.jpg  掛川トイレパウダー.jpg

 

※ ここでちょっと浜松宮竹店のトイレもご紹介(笑)

宮竹トイレ樹木.jpg  宮竹トイレ多目的.jpg

 

これはお店のスタッフとお店のつくりが両方合致してできる技!

出来そうで出来ない事にチャレンジしている姿勢はトップ層の思い考えが、社員の心に響いているからこそ出来る、形の無い宝であると思います!

 

平光社長に質問です。

 

① 物事の考え方の柔らかさはどこから来るものですか?
いつもお会いするとすごくお若く感じるのですが、若さの秘訣を教えてください。
今までに色々な苦難があったと思いますが、苦難を乗り切る秘訣が知りたいです!

 

松田さま、ありがとうございました。

いただきました3つの質問にお答えを頑張りたいと存じます。

まず、

① 「物事の考え方の柔らかさ」ですかぁ・・・。

まぁ、大体が「いい加減な男」なのですが(汗)。(「良い(・・)加減」という意味では決してありません)

このご質問をいただいて思うことは3点あります。

一点目は、自分として「拘る」点と、全く「拘らない」点がわりとはっきりしている。

例えば、会社経営において「社員第一を貫く」「自社がお客様にお届けできる価値(・・)を考え抜く」「社員一人ひとりが成長してこそ会社の成長がある」、こういった点は「ゆるがない」こだわりがあります。

(このために「社長」をさせていただいていると申し上げても良いという程に・・・。)

一方で、こうした点を貫くことができれば、もう何でもあり。と言うか、他は何でもあり、常に笑顔で、失敗にもニコニコして、「へぇ~」と言ってますので、逆にこの3点は絶対に拘ることができているのかも知れません。

二点目は、「一人で考えることができることは、まあたいしたことない」ということ。さまざまな経験をされた人(社員)が、さまざまな役割と立場で、色々考えてやってみる。さらに、ご専門の方や先達の皆さまが書かれた本は、一杯一杯勉強させていただく。「何と自分の考えは、狭くて、気が付かないことばかりなんだ」と反省しきりです。ですから社員みんなで、新しいこともなんでもやってみたい!と思っています。

そして三点目は、「目的指向」です。

一点目、二点目も深く関係はしていますが、松田さんのご質問に対する本質的な答えはここにあります。「私達は、何のために静岡トヨペットという会社を経営し、働いているのか」。

「静岡トヨペットとその社員が、社会に存在する意味、価値は何か」。

常にこれを深く考え、そのために何を為すべきか。そう考えてチャレンジし続ける日々の中で、(それまでの業界、会社様から見ると)何か変わってるなぁ・・・という発想の活動や施策が生まれてきているのかもしれません。

 

② 「若さの秘訣」ですか・・・。

それがあれば、私が教えていただきたく存じます(汗)。

毎朝ラジオ体操を「美しく」することを心掛けているから(笑)。

でも、本当のことです。指先、足先にまで気持ちを込めて、手足をピンと伸ばして。

「心を込めて、楽しんで、笑顔をうかべて」毎日を送る。人生の全てを愛おしんで、だきしめるように。

 

③ 「苦難を乗り切る秘訣」ですかぁ・・・。

ああもう、「自分のため」には頑張れないですね・・・。まあまあのところまでしか・・・。

他人のため、仲間のため、そして今は「社員のため」なら頑張れます。そして至誠天に通じます。それは、人(他人(ひと))の心を動かすから。

「艱難汝を玉にす」、丸くなったかなぁ・・・(笑)。

 

松田さま、繰り返しになりますが、本当にありがとうございました。

次回は、どなたと「コラ(ボ)ブログ」できますか?

松田さまのおかげで、とてもとても楽しみです。感謝。